読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bygones !

ライフログとまではいかない程度の日常を綴っていこうと思います。

困ったおじさんが去っていきました

┗ 仕事

おはようございます。

ご無沙汰しておりました。たった1週間ですが、色々、イロイロありまして、疲れ切っております  (o´Д`)=з 疲れた

昨日は、ようやく片が付いたので、書き起こそうと思ったのですが、思いのほか疲れがたまっていたのか、爆睡してしまいました。

 

いきなりの告知

昨日、部長から突然呼び出しをされました。

何かなーと思っていたら、「困ったおじさんが退職したいと言っている。いつなら、大丈夫?」と怒った表情で言われました。とっさに「いつでも大丈夫です」と答えている自分がいました。

部長は「それは今日でも大丈夫ってこと?」言われたので、「はい、問題ないです」と答えたら、結果、困ったおじさんは即日退職扱いになりました。

不謹慎だけど、著しく私の評価も下がるだろうけど、・・・・やったーーー (/・ω・)/

正直、おじさんが入社して3日目以降、憂鬱で憂鬱で、おなかの調子がすこぶる悪かったんですよね。家でも、どうしたらよいモノかを考えると、吐き気がして、ずーーーんと嫌な気持ちになってました。

採用にかかった時間+入社の手続き+合計9日間の給与+退職手続きを考えると、損害は大きいですが、それでも、このタイミングで退職を申し出てくれてよかったです。

 

採用のミスマッチを減らせないか?

今回、おじさんは、募集業務がアレコレできると入社してきました。

でも実際は、ブラインドタッチは怪しいし、ショートカットキー(Ctrl+C, Vレベル)も知らないし、作業はめっちゃ遅いし、ググって調べてくださいもイマイチ通じないというありさまで、募集業務ができるレベルではなかったです。

履歴書はソコソコできる風だったし、採用試験(内容は知らないですが)もクリアしてるはずなんですけどね。。

こういうのって、応募者に悪意がなければ、結構お互いにとって不幸だと思うんです。というわけで、なんとか減らせないかなーと考えてみました。

 

体験入社一日デーを設けてみる(お試し給与付)

実際に業務をやってもらい、レベルを計る。一日限定だし、その後自分が一緒に仕事をすると考えたら、現場の人は必至で確認するんじゃないでしょうかね。

これだと、人としての相性もわかる気がします。

 

現場の内容を含んでいる採用試験を追加する

一般的な内容+現場に即した内容を含めた試験にする。これなら、できる / できないは事前にわかるので、仕事のミスマッチは減らせるんじゃないでしょうか。

 

英語の読み書きが必要だというなら、英文を読ませて翻訳させてみるとか、メール本文を作ってもらうとか。

資料作成がメインなら、情報を与えて、資料を作らせてみるとか。

プログラムが必要なら、プログラムを書かせてみるとか。

 

事前にやってほしいなーと思いました。

採用担当の人は、ぜひ、検討くださいませ^^

 

では。

≪前のページ