読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bygones !

ライフログとまではいかない程度の日常を綴っていこうと思います。

生産性のない手間ごとは自動化に限る

┗ IT・デジタル

こんばんは。

帰宅したら、リビングの暑さにびっくりですよー  ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

なんていうんですかね、ダイニングテーブルがアツイ? ここに食材を置いといたら確実に腐りますね。。

さて、明日は今年が初の「山の日」ですね。なぜここに祝日?って思いません? 6月にぶっこんでくれたほうが嬉しかったのになーーー (´・ω・`)

 

手間だけど必要で生産性のない作業

仕事をするときに、めっちゃメンドクサイ作業ってないですか?

私はあるんです。システムに複数のファイルを登録するという、非生産的な作業が・・・。毎回対応するたびにどこのおバカちゃんがこの仕様を考えたんだ?って、思うんですが、一括でファイル登録ができないんですよ  (メ゚皿゚)フンガー

なので、システム上で、1ファイル選択してアップロードして、完了後、またファイルを選択して・・・ということを繰り返してます。

むーーーーだーーーー だーーーーー。

 

こういう非生産的な作業に耐えられないので、UWSCというフリーのツールを使って、アップロード操作だけ自動化することにしました (๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

UWSC

マウス操作を記録してくれるツールです。フリーだけど、Win10には対応済みですし、かなり使えるツールです。評価をやってた時にはお世話になってました (^◇^)

マウス操作といいつつ、スクリプト形式なので、編集してウィンドウのコントロールを指定して操作するのもできます。(位置を覚えるでもいけるし、コントロールで操作させるもできるなんて、いいよ。いいよー)

フリー版でもスケジュール(時間指定、ループ実行、インターバル)が簡単に設定できるもの良いです。

 

使ったことないですが、有償版(1ライセンス:料金 6,480円(税込))もありますよ。

 

これを導入してから、ファイルのアップロードという単純作業は、簡単に終わるようになりました。昼休みに入る前に実行しておけば、休憩が終わるころには終わってますからねー ビバ\(^_^)/

 

単純作業があったら、ぜひ活用されることをお勧めします。

 

ネットワーク(IPアドレス)の設定変更

会社からノートPCを支給してもらってます。基本は家に持ち帰ることはありませんが、出張の時とか、急なお休みをいただくときなどに持ち帰ってます(メールチェックくらいしかしませんが(笑))。

 

こんな時、面倒くさいのが「IPアドレスの設定変更」です。

私の会社では、個人ごとにIPアドレスが支給されているので、各PCには設定が必要です。

※ 「IPアドレスを自動で取得する」に設定しててバレると、めっちゃ怒られます (メ゚皿゚)フンガー

残念なことに、自宅も固定IPです。この辺は夫の管轄なので、よくわかりませんが、なぜか設定されてます。

 

そんなわけで、会社PCを自宅で使おうとすると、ネットワークの設定をいちいち変更しなければいけません。

ネットワークの設定って、地味に面倒ですよね。

 

[変更手順]

(1) 右下のネットワークアイコンを右クリック、「ネットワークと共有センターを開く」をクリック

(2) 「ネットワークと共有センター」画面で、接続中のネットワーク(Wi-Fiのリンク)をクリック

(3) 「Wi-Fiの状態」画面で、プロパティボタンを押下

(4) 「Wi-Fiのプロパティ」画面で、インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)を選択し、プロパティボタンを押下

(5) 「インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」画面で、それぞれの場所のIPアドレスに変更

 

IPアドレスも覚えてないので、毎回テキストを引っ張り出して、設定してって、めんどいわーーー  (メ゚皿゚)フンガー

 

これが面倒くさくて仕方ないので、バッチファイルを作成して、使う前に管理者権限で実行するだけにしました (๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ.

これ、いいです。とっても楽ちんーーー♡ 同じようにめんどくさいなーと思っている人がいたら、バッチファイル実行で切り替えにトライしてみてください。いいですよー!

バッチファイル自体を作るのは、とっても簡単です。数行書けばいいだけですもん!

 

めんどくさがりな人こそ、それを回避するための策を見出していくものですなー(笑)

では。

 

 

 

 

 

≪前のページ