読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bygones !

ライフログとまではいかない程度の日常を綴っていこうと思います。

「リーンロゼ カラン(ソファ)」の故障原因を特定

こんばんは。

新たな週の始まりですね。すっかり仕事のやる気が低迷していて、出社するまでがちょっと辛いです。
出社してしまえば、やることはあるので、気は紛れるのですけどね。
妊婦ゆえのマイナートラブルもぼちぼち表面化してきて、あと1ヶ月半(6週間)が長いです。

 

ソファの故障原因を特定

先日、故障した我が家のソファ「リーンロゼ カラン」。

 

alstroemeria.hatenadiary.jp

 

修理費の総額が輸送費込みで17万円近くにもなるということが分かり、夫がソファを分解してみることにしました。
(分解しても直せる保証はなく、最悪使えなくなる可能性もなきにしも有らず。あくまで自己責任前提のもと、分解を許可しましたYO 必死過ぎて、写真を撮るのを失念しました。残念・・・・。)

一番外側のカバーを外すと、下には更に白い布で覆われたカバーがありました。座面のカドから中央に向かって、ファスナーがついていて、外せるようになっていました。
そのカバーを外すと、いよいよソファのヌード部分です。足の部分、ヒンジの部分を除いて、ウレタンっぽい素材で一面おおわれていました。ウレタンっぽい素材は外せそうになかったので、かろうじて見えているヒンジ部分を左右でチェックしてみました。
見えているのは、ギザギザになった輪っか。こんな感じのギザギザの輪っかです

 

f:id:Alstroemeria:20170206201111j:plain

 

(トヨタ紡織株式会社の特許ページからお借りしました。)

http://www.ekouhou.net/disp-fterm-3B099CA25.html


どうもこれの一部のギザギザが破損(欠けた)していて、ちょうど鋭角にした時にこの破損箇所ではまり込んでいることが要因っぽいことが分かりました。

夫よ、やるじゃないかーーー (≧∇≦)

とりあえず、破損箇所を動かすことで、鋭角の位置から鈍角の位置に背面を固定することができました\(^_^)/

 f:id:Alstroemeria:20170206201514p:image


いぇーい、鈍角!

しかし、問題は依然として残っています。
この角度から再び動かそうとすると、またまた鋭角状態から背面は動かなくなってしまうんですよね。むーん、困った。

 

修理をどうするか?

一時的に座れる状態にしたものの、角度の調整ができなくなってしまったソファ。
故障原因は特定できたので、部品交換だけで済むのかをまずは、販売元に確認しなければなりません。ただ、個人的な予想ですが、おそらく全とっかえコースになるんじゃないかなーと思います。(ヒンジの部分だけの交換だけとかしてくれるのかな?)

選択肢としては

(1) 17万弱払って、交換してもらう(再び同じ問題が発生する可能性有り)
(2) とりあえず、現状維持。(リクライニングできないけど、最悪うっかり動かしたとしても、今回と同じ方法で鈍角には戻せそう。)
(3) 別のソファを購入(買い替える気が全然なかったので、リサーチすらしてない。気に入るのがあるのか、不明)

ですかね。
夫との話し合いにより、当然と言えば当然ですが、(2) で様子見することになりました。夫側のリクライニングは不自由なく使えますからね。

当面、私の映画&海外ドラマ視聴はなんとかなりそうです (ΦωΦ)ふふふ・・・・

 

この先、どうするか?

ただ、今後のために、やはり検討しなければならないのが、夫側のリクライニングも故障したらどうするか?です。

(1) 次こそ、修理する(17万弱+今後も同じ問題が発生する)
(2) 2シータータイプを処分して、1シータータイプを2脚購入する(カバー代がかかる、再びこの問題が発生する)
(3) 別のソファを購入

正直ランニングコストがここまで高いと思っていませんでしたし、値段と比較すると耐久性があまりにも低いので、(3) が濃厚になりそうです。
座り心地良くて、リクライニング付きで、気に入るのがあるかなーーー? 今後は、アンテナ張って、チェックしていこうと思います。

では。

≪前のページ