読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bygones !

ライフログとまではいかない程度の日常を綴っていこうと思います。

38週2日目の今日、息子が産まれました

こんばんは。

帝王切開の術後10時間が経ったえこです。思ったよりも大分元気です。折角なので忘れないうちにキロクしておこうと思います。

 

術前の気持ち

昨日に、手術時間の仮予定が知らされました。健診の時に午後になるかもと言われていましたが、午前10時からとのことでした。

出来れば、朝一でお願いしたかったので、ラッキーでした。

ただ、手術時間が決まっても、全然実感がなくぼやーっとしてまして、朝から入れ替わり立ち代り、医師や看護師さんが病室に来てもまだ湧かず、実感が湧いたのは手術室に向かうエレベーターの中でした。

その時に思ったのが、もう引き返せない。怖いーーーーーが正直な気持ちでした。

前回がトラブルがあったので、生きて帰れないかも…と本当に怖くて、ついて来てくれた夫の「頑張ってね。部屋で待ってるよ」の言葉に泣きそうになりました。

手術室エリアに入ってからは、ため息の嵐で、看護士さんに「緊張してる?大丈夫だよ」と声を何度もかけてもらいました。

それに対し、「緊張じゃないんです。前回のことを思い出して、憂鬱で仕方ないんです。」と素直に心内を話しました。なんて情けないσ(^_^;)

「大丈夫、元気に産まれるよ」に励ましにも前向きになれませんでした。

手術台に上がってからは、終始心臓がドキドキで自分でも心拍数が高いのがわかるくらいでした。ため息と浅い呼吸で、色々な看護士さんが消えをかけてくれましたが、生返事するのが精一杯でした。

 

こんな情けない気持ちが術前でした。

 

術中/術後の気持ち

手術中もドキドキで、呼吸が浅く、空気がうまく吸えないくらいで、酸素マスクをつけられました。怖くて、怖くて、心の声が終始漏れてました 笑

ようやく落ち着いたのは、お腹から息子がいなくなったタイミングでした。グイグイ押されて、急にお腹が軽くなって、口々におめでとうございます!と言われた瞬間に落ち着きました。息子による圧迫も消えて、呼吸が楽になって、深呼吸ができるようになりました (๑˃̵ᴗ˂̵)

数秒したら、息子がとーーーっても頼りない声でほえーーー、ほえーと泣き始めたら、他人事のように産まれたんだなぁぼんやり思いました。

その後、10分もしないうちに、新生児科の先生が、「お胸のところで抱っこできますよ」と言ってくれ、産まれてホヤホヤのイロイロついてる息子を胸に抱かせてくれました。

ここでようやくぶわーーーーっと息子を産んだんだーという気持ちが溢れてきて、顔を見た瞬間「娘ソックリ」と吹き出しそうになりました。感動と無事に産まれてきてくれたことに感謝と笑いと、とにかく幸せでした。前回の手術とは違って、自分がとっても元気で身体も全然辛くなくて、とにかく幸せ!!な術後でした(今もですけど 笑)

 

帝王切開手術の流れ

私がお世話になっている病院の、流れになります。

 

【前日】

14:30 入院受付

14:40 ノンストレステストと説明

15:40 麻酔科の先生とお話し

15:50 必要物(バンド、臍の緒入れ)署名

16:00 手術時間の決定と報告

18:30 夕食

19:00 シャワー

21:00 消灯+絶飲絶食スタート

 

【当日】

05:50 起床と術着への着替え

06:00 検温、血圧測定

06:05 浣腸(多分液が漏れてて、出なかった)

06:45 ノンストレステスト

06:50 点滴用のライン確保、点滴開始

07:00 手術室の看護士さん、麻酔科医、小児科医などが挨拶にきてくれた

09:50 手術室に歩いて移動

10:00 手術室前で病棟看護士から手術室の看護士さんに引き継ぎ

10:05 麻酔科医と最終確認

10:07 手術室に入る、背中を消毒し麻酔を入れる

剃毛、尿管を入れる

両腕を固定

10:25 主治医と対面して、手術開始

10:38 グイグイお腹を押される感覚が数回あってから、息子が誕生

10:50  息子を胸に乗せてもらい、抱っこ(腕の固定は外してもらいました)

11:30 閉腹、手術完了。処置室に移動

11:35 病棟に移動

11:40 息子が病室に連れられてくる、写真撮影

12:30 初の授乳(吸わせてみるだけ、出ない)

 

最初に三時間までは、1時間おきに検温、血圧のチェック、悪露の確認とナプキン交換。随時点滴。6時間おきに痛み止めの点滴。

 

16:00 授乳(口元に胸を出すものに吸わない、出ない)

18:30 授乳とオムツ交換(相変わらず吸わない)

19:20 エコノミー症候群予防のための皮下注射

20:30 検温、血圧のチェック、悪露の確認とナプキン交換

21:30 イマココ

 

手術はビックリするくらい普通の会話が飛び交ってて、主治医もちょいちょい気にして話しかけてくれました。他の看護士さんも緊張で呼吸が浅くなっている私を気遣い、色々話しかけたり状況説明をしてくれました。

辛かったのは、身体の痒み。アトピー持ちなので、汗をかくと何かと接触している箇所が猛烈に痒くなるんですよね。遠慮せず看護士さんに言って、ボリボリ掻いてもらいました。

 

終わってみれば、手術中はもちろん痛みなし、術後も動かなければそんなに痛みもなく、拍子抜けでした。夫も前回の状態がイレギュラーだったのかもねーと安心した様子でした。

 

現在も絶飲絶食中ですが、お腹は順調に動いているようですし、ガスも出たので、予定通り明日の朝に絶飲解除、お昼ご飯から絶食解除になりそうです。

尿管も朝に外れて、歩行訓練開始だそうです。

 

次の難関は、歩行訓練かな?

 

産まれたての息子

 f:id:Alstroemeria:20170420214141p:image

思ってた以上に可愛いです。

帝王切開なので、いわゆる赤ちゃんぽく肌が赤くて皺くちゃという状態ではなく、肌も白くて穏やかです。全然泣きません。泣いても控えめに数回泣き声をあげるだけ。こんな泣き声じゃ、とてもじゃないけど起きられそうにないなーと思うほど 笑

個室に入っているため、母子同室で過ごしたのですが、ずーーっと見ていても飽きません。可愛い。

午後から実母が娘と一緒にお見舞いに来てくれましたが、息子の一挙手一投足にはソワソワする娘もたまらなく可愛いです。

5歳児の娘、実母の補助もあって、息子を抱っこすることができました。二人の絡みを見ると、本当に幸せだなーとシミジミ思います。

f:id:Alstroemeria:20170420214128p:image

 

明日からは、完全母子同室なので、幸せを噛み締めつつ、慣れない育児を頑張ろうと思います。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

≪前のページ