読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bygones !

ライフログとまではいかない程度の日常を綴っていこうと思います。

米・クイジナートのリコール記事をみて慌てた

こんばんは。
仕事始めから二日目、あっという間にまたまた三連休。
週末には娘の誕生日があり、慌ただしく過ぎそうです。そうそう、5歳を目の前にして、昨日、娘の下の歯(2本目)が抜けました!
周りの子よりも早く抜けてるみたいで、ちょっと嬉しそうでした。

 

米・クイジナートのリコール記事

我が家には、米・Amazonで購入したクイジナート(Cuisinart)があります。
去年購入したもので、ひき肉を作るときやら、玉ねぎのスライスやら、アレコレ活躍してます。
そんなお気に入りのクイジナートで、リコールがあったようです。

 

問題内容:
時間が経つにつれてブレードが破損し欠けてしまい、食品に「小さな金属ブレードの破片が入ってしまう」可能性があるとのこと。

ひぃーーー |д゚) 危ないじゃないか!!

記事

金属ブレードの破損で米クイジナートが800万台のリコール。日本での販売モデルは問題なし|ギズモード・ジャパン

 

1996年7月から2015年12月の間に北米のデパート、キッチン家電専門店、各種オンラインショップで販売された複数のモデルがリコールの対象となっており、どれも4つの金属リベットで固定されたブレードがついたものです。

リコール対象モデル:
-----
CFP-9, CFP-11, DFP-7, DFP-11, DFP-14, DLC-5, DLC-7, DLC-8, DLC-10, DLC-XP, DLC-2007, DLC-2009, DLC-2011, DLC-2014, DLC-3011, DLC-3014, EV-7, EV-10, EV-11, EV-14, KFP-7, MP-14
-----

 

箱の前面に記されたモデル番号の最後が「Y」になっているもの、ブレードにリベット(金属製の鋲)が使われていない場合はリコールの対象では無いそうです。

 

 我が家のクイジナートを確認

結構大きな問題なうえに、購入時期が微妙だったので、慌てて自宅の箱をチェックしました。(捨ててなくてよかったーーー)

f:id:Alstroemeria:20170106193004j:image

結果は、モデル番号の最後に「Y」がついており、対象製品ではありませんでした \(^_^)/

 

米・Amazonでクイジナートを購入する

日本で購入するとかなりお高いクイジナート。
米・Amazonで購入すると、6割くらいのお値段で購入できます。私は元々米・Amazonのアカウントを持っていたので、日本と同じようにポチポチするだけでした。

 

米・Amazonでの購入方法:
親切なお人がまとめてくれているので、参考になさってくださいませ^^

Amazon.com アメリカのアマゾンで買い物する方法(個人輸入)(USA)

 

米・クイジナートを購入すると取説とかは全部英語ですが、日本語で説明してくれているサイトやらブログやら、YouTubeがあるので、取説が英語でも特に困りませんよ^^

 

そもそもクイジナートって何ぞや?ってことですが、パワフルなフードプロセッサーです。
塊肉からひき肉を作ったりもできるし、スライスもあっという間にできちゃいます。そして、ぐうたらな私に嬉しいのは、なんといっても部品がすべて食洗機対応なんです。
使ったら、食洗機に突っ込むだけ。ほんっとに手軽です。
Bamixも持っているのですが、個人的にはクイジナートのほうが圧倒的に便利です。重たいのが玉に傷ですけどね^^;


最後に、米・Amazonでクイジナートを購入された方がいたら、リコール対処製品でないかを確認してくださいね。


では。

 

≪前のページ